りんごの実がないりんごの木

なんとも悲しい畑です。

春に早く咲き過ぎてしまったりんごの花が、霜でやられ、受粉できず…花は咲いたのに、実にならなかったのです。

被害は想像以上で、例年だったら、たくさんりんごの実がをつけて、りんごの木が重そうな時期なのに、今年のりんごの木は、葉ばかりで。

ほんの少しだけ実ったりんごも、品質が悪く、出荷できそうなものは限られています。

自然あいてのこと、仕方ない、仕方ないんだけど、悲しいです。

りんごの実はなくても、定期的に草刈りや消毒など、畑の管理は続けなければいけないし。

なにより、毎年のお客さんたちに送るりんごのお便りを送付する時期が近づいているのに、「美味しいりんごがありますよ!」って言えないのが、本当に残念です。

長野県全体で、かなりりんごなどの果樹の霜害があるようです。

久しぶりの赤ちゃん!

おはようございます。ひなたざかの母です。

なんと、我が家に5番目の赤ちゃんがやってきました〜(^o^)とはいっても、今度の赤ちゃんはわたしのおなかから出てきたわけではありません。

昨年1年かけて、里親の研修や実習をしてきて「養育里親」に認定されました。そして、10日前に初めての里子ちゃんが来たのです。

今回は、実親さんがどうしても赤ちゃんのお世話をできない1ヶ月の間だけ赤ちゃんをお預かりする、一時委託です。短い間ですが、赤ちゃんとの生活を楽しみたいと思います。

5ヶ月の赤ちゃん、子どもたちも喜んでお世話をしてくれて、特に長女はママのよう。母性が目覚めた?? 泣いてる赤ちゃんに「わかるよ、そうだよね、泣きたいよね」と声をかけているのを聞いたときには、本当に驚きました。私が長女を出産したときには、赤ちゃんが訳も分からず泣くと「わたしも泣きたいよー!」って感じだったのに…

完ぺきに負けた!と思いました(^_^;) 

赤ちゃんのいる生活はとても素敵です。子どもたちと一緒に育児ができて嬉しいな。あ、夫ももちろん協力的で助かってまーす。

3枚の田んぼ

おはようございます。ひなたざかの母です。またご無沙汰してしまいました。

今年は、3枚段々になっている田んぼのうちの2枚はお休み中です。

それで、田んぼはお休みですが、ほかの者たちが植わっております。

1番下は、もうじき収穫を迎える麦
真ん中は芽が出たばかりの豆
1番上が、田んぼ

麦に豆に稲、それぞれ育ってきて嬉しいです。麦はパンにうどんに餃子にお菓子に、豆は味噌にあんこに煮込みに納豆に、米はおにぎりにお餅におこわに…

今から食べるのが楽しみです♫

そして今朝も、草取り頑張っております。今年の田んぼは全部で5枚。実は田んぼによってですが、草に負けてきた感が…負けても負けないぞ!負けるの慣れてるし(^_^;)

そして、今日も大田原の朝は美しいです。

早朝の田んぼ

おはようございます。ひなたざかの母です。

田植えが終わって、一息。と思ったら、草とりが始まりました。無農薬栽培の田んぼでは、毎年草との戦いが繰り広げられます。そして、毎年惨敗…(^_^;)

日曜から子どもたちと草とりを始め、昨日と今日は早朝に作業しています。田ぐるまを押すのは時間がかかるので、チェーン除草というのを試してみています。効果は??まだ分かりませんが、5枚の田んぼを毎日1枚ずつ除草するのを目標に頑張ろうかな、と。

朝の田んぼは、鳥の声と、水の音だけ。

2羽の鴨が、田んぼで出迎えてくれました。ありがとう。

お山のお花見

標高800mの我が家の近くにある、大きな八重桜がうちの毎年のお花見スポットです。

ようやく桜が咲いたので、今日はお花見。午前中はお仕事をお休みにして、お花見弁当をつくったり、自転車のりを楽しんだりしました。

家の周りは急坂ばかりなので、自転車に乗るのも、自転車を車で運んで、ちょっとしたイベントなのです。

家の裏の桜の木の下で

やっぱり外でのご飯は気持ちいいし、楽しい!

母の日ということで、夕食は子どもたちがカレーをつくってくれました。おいしかったー

山菜の季節も終わりに近づき

こんにちは。ひなたざかの母です。

このところ我が家は山菜づくしでした。朝ごはんは、わらびのあえもの、こごみの胡麻和え、うどのきんぴら、ふきの煮もの。

先日の夕ごはんは、オットがうどんを打ち、山菜の天ぷらを揚げてくれました。今年はたくさん天ぷら食べました。タラの芽にコシアブラ、こごみの天ぷらも美味しくて。

そして、これらの山菜は山が恵んでくれたもの!!なんと無料。とり放題。

素晴らしい。

今日も末っ子のちよと一緒に5分ほどわらび採りをして、こんなに採れました。

ありがたや、ありがたやー、といって食べておりますが、やはり山菜は大人の味なのですね。こどもは山菜採りは好きでも、食べるのはイマイチみたい。残念。

いつか子どもたちも一緒に、山菜の天ぷらで一杯やりたいもんです。

GWの炭ふるい

おはようございます。

今日は、先月りんごの炭焼きをして出来た炭を、子どもたちがふるってくれています。できた炭はこたつで使います。結構ハードな作業。

炭焼きは早朝にやりますが、このところは子どもたちのお楽しみ作業で、炭焼きの隣で子ども用の火をおこして、ウィンナーやマシュマロを焼いて楽しんでいます。

炭をふるって、来年の冬も暖かいこたつにあたれるように。子どもたち、がんばれ〜!

朝のりんご畑

おはようございます。スマホになって5日目、畑からブログ更新。わたしにとっては、なかなか画期的なことです。

りんごの花が咲き始めて、摘花作業がはじまりました。今朝はわらび採りも。

朝の畑は、うんと気持ちがいいです。

稲のお花束のはぜかけ

 暑くて暑くて暑かった夏が終わり、ようやく涼しくなってきました。朝晩はちょっと寒いくらいで、子どもたちがちょっと鼻をたらし始めて。

 今年も収穫の秋がやってきました。朝晩が冷え込むと、昼夜の温度差で、一気にりんごが色づき始めます。赤くなってきたりんごを見ると、とても嬉しいです。

 この何日か、子どもたちと稲刈りをしていました。コロナ禍で、毎年たよりにしている東京からの助っ人がなく、これはどうなることかと心配な中での稲刈り。夫が刈り倒しておいた稲を、わたしと子どもたちで運んで、はぜかけをします。張り切り屋の子どもたちは、パワー全開!持続力がないのが難点ですが、ありあまる元気、途中りんごや梨を食べたり、いろんな生き物を探したりしながら、頑張ってくれました。

 特に長女の小花は、週1~2回しか学校にいっていないので、せっせとお小遣い稼ぎに励んでいます。平日はほかの子たちは、学校や自然保育の園にいっているので、小花とふたりで作業することもあります。娘と一緒の作業はけっこう楽しくて、学校にいかなくなってから、こうしてふたりの時間が持てるようになったのは意外と嬉しいことです。

 無農薬の我が家の田んぼは、毎年、稲だけでなくいろいろな草が一緒に束になっているのですが、今年はとくに色とりどりの花束でした。ぱっと見ただけでは、稲束とはわからないような田んぼもありました(笑)。

 もちろん田んぼは稲だけが植わっているものなのだけれど、わたしはこんな稲束もすてきだなぁ、と思ったりします。畔も、きれいに刈られた畔もきれいなのですが、色とりどりの野の花が咲いている畔も好きです。まぁ、脱穀になると、お米の量がちょびっとだけで、がっかりするのでしょうが。

 6月ごろ、週末に何度か子どもたちと、田んぼの草取りにみんなで田車をごろごろ押したのをなつかしく思い出しながら。泥に足をとられながら、子どもたちも「よいしょ、よいしょ」と頑張ってくれたのですが、我が家の稲はすっかり草に負けてしまいました!

 まだもう少し稲刈りは続きます。はぜかけをして天日に干して、2週間ほどで脱穀になります。今年も新米を食べるのが楽しみです。

2020の初投稿が、まさかの8月

 ずーっとずーっと、心の奥のところにはあったのです。「さすがにもうそろそろ書かないとなぁ」という気持ちが。 でも、まさかの8月!

 例年ならお盆を過ぎれば秋の風、涼しくなっていくはずが、信州もまだまだ暑いです。 無理をしないように。 畑に出るのは朝や夕方にし、日中はなるべく家で過ごすようにしています。

 2020になり、あっという間にコロナの時代となりました。 大変といえば大変だけれど、我が家や、我が家のある集落は、とても平和で穏やかな日常があります。

 緊急事態宣言が出されていた間も、マスクをするのはスーパーに買い物にいくときくらいで、子どもたちも私も、畑でのびのびと過ごしていました。

 けれど、連日コロナのニュースに触れ、東京のばーばたちやじーじの助っ人も来られず、休校休園で毎日濃密に子どもたちと関わるうちに、心が少しずつ疲れていくのを感じていました。

 それでも自然はいつもと変わらず、春には新芽がでて山菜がとれて。 夏に向かって山は青々してゆき、りんごも花が咲き、実が育っていきます。

 不便なこともたくさんあるけれど、自然の中で生きていけるって、なんてありがたいことなんだろうと、あらためて感じました。 季節の移ろいを肌で感じられることも、心のピリピリをやわらげてくれる気がします。

 きっと、みんなみんな、この状態に、なんだか疲れてるんじゃないかと思うのです。 それでも、毎日生きていかなきゃならないし。 よし、わたしも、無理せず、頑張ろう。

 もうすぐりんごの収穫の季節がやってきます。 りんごのお便りをしたお客さまからも、ご注文が届き始めました。

 このコロナ禍で、果たしてりんごの注文はくるのだろうか? と心配していたのですが、お客さまから暖かい言葉をいただき、本当に励まされています。 ありがとうございます。

 また少しずつ、日々のことなど、更新していきたいと思います。