ブータン 山の教室

こんにちは、ひなたざかの母です。

不登校気味だった長女が、学校にいき始めて、半年ほどになります。時々はおやすみをしつつも、体の不調もほとんどなくなりました。

昨日はそんな長女と、上田の子どもシネマクラブの映画にいってきました。上映されたのは、「ブータン 山の教室」。世界の中でもっとも僻地にある学校。ブータンの首都ティンプーから8日間かかる村、ルナナの人々と自然と、暮らしが描かれています。8日間のうち、バスはまる1日、あとは標高4800mの村までひたすら徒歩。

自然が本当に美しい。歌も美しい。

こどもの目が美しい。

わたしがこの映画を見ながら感じたのは、自然に敬意をはらい、自然とともに生きている人たちの暮らしを、私たちが知らず知らずのうちに奪っているということです。山の雪がどんどん少なくなってきていると村人がいうと、先生が「それは地球温暖化だ」といいます。もちろん村人は、そんな言葉は知りません。

冬の獅子が眠る山を、大切に守ってきた彼らがなにも知らないでいる間に、なにかを知っているはずの私たちが奪ってしまう…

最後にチベットに長く滞在をしていたお二人の対談があり、チベットと仏教のつながりのことや、現地の人々の暮らしのことなどお話いただきました。とても興味深く、もっと知りたくなりました。

野草の天ぷら

野草の天ぷらというと聞こえがいいけれど、今日の夕食は、その辺でとってきた草の天ぷら。

夫があげてくれました。ありがとう。

天ぷらというだけで、ごちそう

小さな小さな実

おはようございます。今日も草刈りと摘果作業。

りんごは4月半ばの霜で、収量が少なくなりそう。暖かくて例年より早くに咲いた花が、霜にやられてしまったのです。でも花もようやく散って、小さな実になってきたので、残っているものを大事に育てていきたいと思います。

可愛いお花から
小さな実になってきました

まだまだ小さな実。これがりんごになるなんてねぇ。子どもの成長も早いけど、りんごの成長はもっと早くて、あっという間に大きくなってしまいます。

美味しいりんごが食べられるのが、楽しみ!

山菜の季節も終わりに近づき

こんにちは。ひなたざかの母です。

このところ我が家は山菜づくしでした。朝ごはんは、わらびのあえもの、こごみの胡麻和え、うどのきんぴら、ふきの煮もの。

先日の夕ごはんは、オットがうどんを打ち、山菜の天ぷらを揚げてくれました。今年はたくさん天ぷら食べました。タラの芽にコシアブラ、こごみの天ぷらも美味しくて。

そして、これらの山菜は山が恵んでくれたもの!!なんと無料。とり放題。

素晴らしい。

今日も末っ子のちよと一緒に5分ほどわらび採りをして、こんなに採れました。

ありがたや、ありがたやー、といって食べておりますが、やはり山菜は大人の味なのですね。こどもは山菜採りは好きでも、食べるのはイマイチみたい。残念。

いつか子どもたちも一緒に、山菜の天ぷらで一杯やりたいもんです。

ミントの香りの田んぼで

こんばんは。

昨日、刈り残した稲を刈ったり、落ち穂を拾ったり束ねたりはぜかけをしたりと1日田んぼで過ごして、ようやく今年の稲刈りが終わりました。

機械で刈った稲をはぜにかける作業が終わると、刈り残した稲を刈ったり、落ち穂(落ちている稲)を拾ったり、地味な作業が待っています。地味なのですが、拾ってみると、けっこうたくさんの束になるのであなどれません。

毎年「夫が頑張った田んぼだものなぁ」と思いながらの作業。

それで、今年も畔の近くの刈り残しの稲を刈っていると、なんだかいい香りが…これは、ミント!と思って探してみると、ありました。たくさんのミント。

一昨年は田んぼでせりがたくさん生えて、草取りの間中せりのいい匂いがしていました。そして今年はミント。

一人ぼっちのさみしい作業中、なんだか嬉しくなる出来事でした。

田んぼのあぜ道を自転車ではしって

 ようやく秋がやってきそうな気配があります。だいぶ前から夜になると秋の虫の声がきこえていたものの、日中は暑い日が続いていました。

 長い梅雨があけて、やっとお日さまに会えた!と喜んだのも束の間、連日の猛暑で、バテバテの夏でした。若いときは暑くても活動ができたのに、今年の夏は特にだめで、すこし外で作業しただけでふらふらするので、困ってしまいました。

 このところは、午前中はなんとか作業を休み休みやって、午後はおやすみしていました。それが昨日は、子どもたちとお昼寝してから、午後は外で遊べるほどになって。お友だちと一緒に、田んぼのあぜ道を自転車乗りしにいきました。

 我が家のある集落は坂道ばかりなので、自転車に乗れる場所がすくなくて、自転車のりはちょっとしたお楽しみです。田んぼは稲刈りを始めた家もちらほらあって、黄金色に実った稲と、はぜかけされた稲と。だんだんになった田んぼ、あぜ道にはコスモスも咲いて、本当にきれいだなぁ、うれしいなぁ、と思いながら、子どもたちの後ろをついて歩きました。

 あぜ道を散歩しながら、ふとこの頃出合った本のことを思い出しました。ハーバルノートの荻尾エリ子さんの「八ヶ岳の食卓」。長野の茅野で暮らす萩尾さんの、日常の生活、その中の気づき、それからおいしそうで試したくなるレシピが、やさしい言葉でつづられています。

 気持ちが暗くなるニュースの多い中で、文章からあふれてくる萩尾さんのやさしさがううれしくて。会って少しお話しただけで「なんていい人なんだろう」と思う人がいますが(心のなかで勝手に「菩薩さま」とよんでいます)、ページをめくってちょっと読んだだけでそんな気持ちになる本で、いまの私にやさしく語りかけてくれました。

 暑さでバテて、なにもできない自分にいらいらする日も多かったのです。そんな中でこの本を、こんな風に日常を愛して、気持ちよく暮らせたら素敵だなぁ、と思いながら読んでいたのですが、田んぼで自転車をのる子どもたちの後姿を見送りながら、景色と子どもたちが本当に美しくて…とてもいい日になりました。

被災者の方々に、お見舞いを申し上げます。

こんにちは。ひなたざかの母です。

中生種、とよばれるりんご、ひなたざか農園では陽光やシナノスイート、秋映、ジョナゴールドなど、10月中旬頃のりんごの収穫・発送がようやくひと段落して、ほっとしています。

12日の台風19号では、私たちの住む千曲市内でも、千曲川沿いの市街地などでは河川が氾濫して、住宅などに大きな被害が出てしまいました。私たちの農園、家は千曲川からは離れており、また山手にあるために、大きな被害はなく今年もりんごをお届けすることができています。

台風のあと、たくさんのお客様からご心配のお電話、メールをいただき、本当にありがたく思っています。しかし同時に、「我が家は大丈夫でした。りんごもお送りすることができます」と答えて「よかったですね」と言っていただく度ごとに、だんだんと気持ちが落ち込んでいくのを感じていました。

確かに我が家は大丈夫だったのだけれど、とても大変な状況のひとたちがいる…。無事でよかった、よかったのだけれど、「よかったです」と口にするのがすごく苦しくなってきて、、それと同時にわたしもやはり、災害があったときに、被災地の近くの知人、友人たちの安否を確認し、同じ声をかけてきたことに気づかされました。そしてそのことを思うと、やっぱりそれでも、友人が無事だったら、よかったなぁ、と心から思ったのだから、それを口にすることは悪いことではないのだとも思うのです。

だから私はきっと、心配していただいたことに「ありがとう」と言えばよかったのだな、と。なんだか、もやもやがずっと続いていたのです。夫は何度か被災地にボランティアにいっており、私もただもやもやしているのではなく、これからは活動をしていきたいと思います。

台風のなかで考える

こんにちは。ひなたざかの母です。

また台風ですね。しかもかなり大型の…

昨日は中生種のりんごを、「台風の前に」と色づきを見ながら収穫をしました。我が家のりんご畑はまわりを木に囲まれていて、大風がふいても木に守られてきたのですが、収穫直前のりんごは落ちやすくなっていることもあり、収穫できるものは収穫しておこうと。

はぜかけした田んぼの稲も、はぜが倒れやしないかと心配ですが、こればかりはどうしようもないので、祈るばかり。りんごが落ちませんように、はぜも倒れませんように…

早くに稲刈りした田んぼは、一昨日2人で脱穀をして、今朝は新米。ごはんっておいしいなぁ。昔はごはんがこんなにおいしいなんて思わなかったな。いや、ほんとウマイ。

それにしても、自然災害がだんだんに酷くなってきたように思います。こんなに深刻な被害の自然災害が連続しておこること。地球の環境破壊がすすんでいることと、無関係ではないでしょう。今この現代に生きる私たちにとって、環境が破壊されていくことを、もっともっと自分に引き寄せて考えなくてはならないんだろうと思います。無責任でいることはできないと。

科学が進化して、環境破壊を止めてくれるとか、そんな期待をするよりも、自分に少しでもできること。進みすぎた文明を、後戻りさせろとは言わないけれど、生活を見直してみたい。もっともっと、できることがあるんじゃないかと。エネルギーを使いすぎてはいないかと。「買う」ということだって、いま買おうとしているものが、どれだけのエネルギーを使って生産され、どれだけのエネルギーを使って運送されてきたものなのかって、考えること。
本当に本当に、むずかしいのだけれど。 。

今回の台風で、あまりひどい被害がありませんように。

虫さん、こんばんは。

こんばんは、ひなたざかの母です。

この時間になると、秋の虫の声が涼やかに、でもうるさいくらいに聞こえています。いろんな種類の虫の音。少し前にはカエルの大合唱が聞こえていたと思ったら、、季節はうつろいゆくものですね。

それにしても虫の声、さすがにすごいなー。と思っていたら、家の中で鳴いているヤツがいました…虫さん、ようこそ。呼んだつもりはありませんが。。我が家での虫さんは、刺すヤツ以外は黙認されております。まぁ、特別に害もなさそうだし、目くじらたてることもないかと。共存。かといって「来ておくんなせー」と歓迎しているわけではないのですが、過ごしやすいのでしょうか。

たぶん近頃の家の感覚からすると不潔というか、汚いっちゅうか、まぁ少なくとも違和感があるのだろうな、と。でもね、虫も生きられないような家だったら、やばくないですか?というのは冗談で、実際どうしたらいなくなるのか分からない、というのが本当のところです。

何年も空き家だったこの家に引っ越してきたときは、本当に大量の虫にびっくりするやら呆れるやらでしたが、そのときからすると、大分減りました。かといって全くいなくなる日は来ないでしょう。

時々、雨降りのあとにカエルが跳ねているときもあり、そのときはそっとお外に帰してあげています。

ご注文ありがとうございます

8月の終わり、ようやく今年のりんごのお知らせのお手紙が出来上がり、いつも買っていただいている皆さんに送付することができました。ふう、これでひと安心だわー。と思っていたら、翌日からさっそく我が家のFAXが鳴り響き、うれしいご注文が次々に届いています。

そうだ!お手紙を出したら注文がくるんだった!!いや、当たり前なようですが、本当にうっかりというか何というか、びっくりしました。…驚きましたが、ありがたいです。この時期以外はひっそりとしているFAXつきの固定電話、彼に1年に1回の出番がやってきて、一生懸命がんばっています。

春はわたしが作業をしている間、毎週りんご畑で遊んでいた子どもたちも、熱中症にならないよう夏の暑い時期は畑には行かずに過ごします。先日ひさしぶりにりんご畑にいくと…「りんごがでっかくなってる~!!」と大はしゃぎ。りんごの木に登ったところをパシャリ。早い品種のりんごを味見すると、まだ酸っぱいけど、それでも美味しい。

よーし、皆さんにおいしいりんごをお送りできるように、頑張りますね!